スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

US-700

又、ユニフレームだよっ!

しょうが無いよ、私の感性にビビビッっと来るんだもん!

とりあえず画像
P1030268.jpg
P1030269.jpg
P1030270.jpg

US-600との比較画像
P1030271.jpg
P1030272.jpg
P1030273.jpg

数値上の比較
US-600
熱量  :3.900kcal/h
サイズ :85×85×115(h)mm
重量  :335g
燃焼時間:プレミアムガス:約45分

US-700
熱量  :3.000kcal/h
サイズ :93×77×115(h)mm
重量  :315g
燃焼時間:プレミアムガス:約80分

数値上で比較すればサイズはほぼ同等、火力が落ちて、その分燃焼時間が向上

こんな所ですかな

個人的な感想

・US-600はガス缶を装着するとガス缶の尻が微妙に浮いてしまい
 安定が今一だった(個体差かもしれません、私のはかなり古いので改良されているかも)
 US-700はガス缶装着しても平らな所なら、がたつきません

・火力調節つまみは木の方が味があるなぁ(コンバトラーYのUS-600はつまみが金属だったけど
 木から変更されたのかな?)

・火力、燃焼時間は賛否両論でしょうなぁ

・本体、五徳の安定感は4点支持よりも3点支持のUS-700に分がありそう

・新品なのに五徳に焦げ後があった!

P1030266.jpg

実は展示品にも焦げ後が有ったのは確認していたのですが

「店員さんも着けて見たかったんだろう」などと勝手に納得していましたが

箱を開けたら

「なんじゃこりゃぁー!!」(勿論、松田優作風)

だったんですが、「ユニフレームの燃焼機器は、全て工場出荷前に燃焼検査と各部の確認を実施しております

五徳の焼け跡についてはご了承下さい」と記載された紙が入ってました。

紅さん的にはグッジョブです!

流石国内メーカーと言わざる終えない

「さすがユニフレーム!外国製にできない事を平然とやってのけるッそこにシビれる!あこがれるゥ!」

でも細かい日本人は逆にクレーム着ける人が出てきそうね・・・

なんだかんだ言っても使ってみなきゃわからんよねぇ?

だから明日の晩使ってみます!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

べに

Author:べに
グダグダなブログへようこそ?
車歴
NS-1
(50cc:HONDA)
Xelvis
(250cc:HONDA)
ファイヤーストーム
(1000cc:HONDA)
ムルティストラーダ
(1200cc:ducati)
BW’S
(100cc:YAMAHA)
BENLY110
(110cc:HONDA)
アレだよツインが好きなんだよ

過去の繋がり
スレッジブロウ
CROSSGATE(クロスゲート)
信長の野望 Online

Calendar

08 ≪ 2017/0910
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

©Plug-in by ASIA SEASON
最新記事
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1005位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
478位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。